グレープフルーツを妊娠初期から食べたほうがいいのはなぜ?

MENU

 

味も栄養素も妊婦の強い味方のグレープフルーツの秘密は?

 

 

つわりに悩む妊娠初期のママさんに大人気のグレープフルーツ。
ほどよい酸味とさわやかな甘さで、グレープフルーツのおかげで辛いつわりも乗り越えられた!
なんて声もよく聞かれます。

 

 

 

でもグレープフルーツは美味しさだけではなく、
栄養的にも妊娠初期のママさんにピッタリな食品だということをご存知でしょうか?
その理由をまとめてみたので、妊娠中の栄養が気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

 

 

どうして妊娠中にいいの?

 

 

なぜグレープフルーツがこれほど妊婦さんにオススメなのでしょうか?
それは妊娠初期の妊婦さんに必要不可欠な葉酸を含んでいるからです。

 

 

 

胎児の発育に必要な栄養素である葉酸は
細胞分裂が盛んに行われる妊娠初期や、
胎児がどんどん成長していく妊娠中期・後期にまで必要不可欠な栄養素です。

 

 

 

ルビーとホワイトの違いは?

 

 

ルビー(ピンク)の赤色色素に含まれるリコピンには強い抗酸化作用があります。
これは紫外線から肌を守り、美肌効果があります。

 

 

 

ホワイトと比べて酸味や苦味が穏やかなので
好みやその日の気分で選んでも大丈夫です。

 

 

 

食べると体が冷えそうで心配!

 

 

グレープフルーツを食べ過ぎると体が冷えてしまいそうで心配!
そんな風に考えている人もいるかもしれませんが、
グレープフルーツは逆に血行がよくなり温め効果があるのをご存知ですか?

 

 

 

香り成分であるリモネンは神経をリラックスさせ、血行を促進する効果があります。
ですのでグレープフルーツの皮をむくときはぜひ香りも楽しんでみましょう。
100%果汁で摂るときは冷やしすぎないように注意してくださいね。

 

 

 

ビタミンCってどういうふうに体にいいの?

 

 

ビタミンCが豊富に含まれているグレープフルーツですが、
ビタミンCは妊娠中に不足しがちな鉄分の吸収率をアップしてくれます。

 

 

 

ですので貧血予防のために、
ほうれん草やひじき等の入った食事と一緒に食べる妊婦さんも多いです。

 

 

 

他にも、グレープフルーツに含まれるクエン酸には疲労回復の効果もありますので、
だるさや疲れを感じた時には効果的です。
日々変化し続ける体調で疲れやすい妊婦さんにはぜひ食べて欲しいですね。

 

 

 

どういうタイミングで摂るのが効果的?

 

 

グレープフルーツを食べた時に感じる苦味は
苦味成分ナリンギンという成分が原因です。

 

 

 

この苦味成分ナリンギンには食欲抑制効果があって、
満腹感を得られやすくするという効果があるんです。

 

 

 

また他のフルーツと比べると低GIなので、
食事前に摂取することで血糖値の上昇を緩やかにし、
脂肪を溜め込みにくくしてくれます。

 

 

ですのでグレープフルーツは食事前に摂るのが効果的と言えるでしょう。

 

 

 

むくみ予防にもなるって聞いたんだけど…

 

 

グレープフルーツには老廃物を排出する効果があります。
これはグレープフルーツに含まれるカリウムの働きのおかげ。
カリウムは体にたまった余分な水分や老廃物を排出働きがあるんですね。

 

 

 

余分な水分や老廃物は体のむくみにつながりますから
グレープフルーツの継続的な摂取はむくみ防止になります。

 

 

 

ちなみに薄皮ごと食べることで食物繊維もたくさん摂取できます。
これによって便秘の悩みの解消にもなりますね。

 

 

 

1日にいくつまで食べてもいいの?

 

 

グレープフルーツのカロリーは1個あたり約80kcalと控えめです。
果糖も含んではいますが食物繊維なども摂取できますので
だいたい1日1個が目安です。

 

 

 

もっと食べても体に悪いということはありませんが
食べ過ぎてほかの食事の妨げになるようなら考えものです。

 

 

 

栄養素はバランスがとっても大事ですので、
そういった意味で食べ過ぎないように注意してくださいね。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

グレープフルーツは妊婦さんが摂取しておきたい栄養素を豊富に含んでいます。
つわりの辛い妊娠初期だけではなく、妊娠後期、臨月まで
健康に良くて美味しいグレープフルーツを食べてみてくださいね。

 

関連記事(この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます)