妊娠線ケアはいつから?妊娠線ができる原因は?

MENU

妊娠線ができてしまう原因は?

 

妊娠線ができてしまう原因は大きく分けて2つあります。

 

1つ目はお腹が大きくなるにつれて起こる
急激な皮膚の伸びです。

 

2つ目は体内のコラーゲンの減少です。

 

妊娠中はステロイドホルモンというホルモンの分泌が盛んになります。
このステロイドホルモンですが、実は体内のコラーゲンを減少させる働きを持っています。

 

女性の美肌にとってなくてはならないコラーゲンを減少させてしまうなんて
なんて罪なホルモンなんでしょうか…Σ(゚д゚lll)

 

 

体内のコラーゲンが少なくなるということは、
それだけお肌は柔らかさとしっとりさを失います。
固く乾燥しやすくなってしまうのです。

 

そんな状態で体が膨らんで表面の皮膚が伸びたりしたら…、
そりゃあ皮膚がひび割れして妊娠線になってしまいますよね。

 

私もそうだったんですが、やっぱり「ママになっても女性としてキレイでいたい!
っていうのは女性なら誰もが思う本音なんじゃないでしょうか?

 

妊娠線の予防で大切なことは2つあります。
妊娠線を予防するために必要なことは、

  • 妊娠線予防クリームをお腹が目立ってくる前から毎日塗ってケアしてあげること
  • 体重を急激に増やしすぎないようにしっかりと管理してあげること

妊娠線は急激な皮膚の伸びによってできるのですが、
専用のクリームによる保湿と栄養補給をしっかりして、太り過ぎに注意すれば予防することはできます。

 

妊娠線予防は市販のボディクリームやオイルで代用してもOK?

クリームを妊娠線予防のために市販の薬局で買ってきた、もしくは家に置いてあった妊娠前に使っていたような、普通のボディクリームやオイルで代用していたりしませんか?

 

ここだけの話…

 

これって妊娠線を予防するうえで多くの妊婦さんが、やってしまいがちな失敗なんですね。

 

妊娠線予防専用のクリームは、普通のボディクリームに比べて、

  • 保湿力や持続力がかなり長い
  • 肌のハリや弾力を高めてくれる
  • 肌の柔軟性をアップさせてくれる

という成分が配合されています。

 

専用クリームには妊娠線予防において、
普通のクリームでは絶対に越えられないほどの差があります。

 

では実際に一体妊娠線予防クリームはどれを使えばいいのでしょうか?
世間の妊婦さんの間で人気の妊娠線クリームにはどんなものがあるのでしょうか?

 

次はそれをお話ししていきますね。
  ↓    ↓    ↓

妊娠線予防クリームランキング

妊娠線予防クリームを選ぶときの重要なポイントは

  1. 伸びが良くてベタベタしないこと
  2. 1回塗ると保湿効果が長くキープできること
  3. においが無いこと (妊娠中はちょっとしたにおいでも気になるため)
  4. 塗るだけでマッサージ効果があること

そこに注意しながらご覧になってみてくださいね

ベルタマザークリーム

  • 海外でも話題になっている「シラノール誘導体」を配合
  • "スーパーヒアルロン酸""プラセンタ""コラーゲン"を配合している
  • 次の日も肌がモッチリするほど保湿効果が長時間キープ
  • 産後の肌の引き締めにも◎
  • 初めてのたまごクラブ」でも「おすすめの妊娠線予防クリーム」として紹介され、 リピーターも多い
  • 美容成分も豊富に含まれていて、妊娠線予防に特化していて、絶対に後悔したくない人に♪

妊娠線の予防に購入した人の口コミや評価が一番高いクリームで、
お腹だけじゃなくて、胸やおしり、太もも、背中、二の腕などの妊娠線予防にもとってもいい感じ♪

 

産後の肌トラブルに

  • たるみ・ゴワつき (主に乾燥が原因)
  • くすみ (汚れや古い角質が原因)

があります。

 

ベルタマザークリームがオススメな理由は単に妊娠中の予防ケアだけじゃありません。
産後のくすみ対策・引き締め成分も豊富に入っているので産後お肌がキレイに戻るまでしばらく使い続けるとより効果的♪
なので定期便で申し込むメリットも十分にあります。

 

(ちなみに定期便だと初回は500円のみ、2ヶ月目以降も2,000円引き&送料無料なのでだんぜんお得になります♪)

 

伸び・ベタつき 保湿効果の持続 においの有無 マッサージ効果

(伸びが良くてすごく塗りやすい)

(次の日ももっちり♪)

(無香料:妊娠初期でも安心♪)

(優しく塗ってるだけで自然に引き締まる)

 

1本のみの価格

6,980円(送料無料)

定期便の1回目

500円(送料無料)

定期便の2回目以降

4,980円(送料無料)

 

私は2位のノコアもとてもいいと思うのですが、柑橘系の香りが苦手な人には注意なのと、
あちらは予防+すでにできてしまった妊娠線を消す。の両方なのでどうしても値段が高いです。

「これから妊娠線ができないように予防したい!」と考えている人には値段のこともふくめてベルタの方がおすすめです。

 

もちろんベルタもできてしまった肉割れ線を消すためのケアはできるのですが、
妊婦さんの妊娠線目的で購入して正解だったという口コミが圧倒的に多いです。

 

今なら定価の92%OFFの500円(送料無料)で丸々1本(1ヶ月分)♪

ワンコインでキレイが手に入るチャンスです♪

↓      ↓      ↓

 

ノコア(NOCOR)

  • 妊娠線を予防することももちろんできるのですが、どちらかというとできてしまった妊娠線をなんとかして消したい人のための産後のボディケア用のクリーム
  • 妊娠線だけじゃなく、成長期やダイエットでできてしまった肉割れ線のアフターケアにも◎
  • 妊娠線、肉割れ線を少しでも目立たなく消したい人に
  • ボディのたるみやくすみが気になる人にも
  • 敏感肌の人にも安心

できてしまった妊娠線&肉割れ線が消えたという報告多数!

 

伸び・ベタつき 保湿効果の持続 においの有無 マッサージ効果

〇(ベタつきが少しだけ残る)

◎(妊娠線を予防&消す)

〇(ネロリというオレンジ花油の香り)

◎(肉割れ線を消す)

 

1本のみの価格

6,680円(送料無料)

定期便の1回目

定期便はありません

2本セット

11,964円10%OFF(送料無料)

 

primo 超保湿クリーム

  • 妊娠線を予防する超保湿力のクリーム。
  • 妊娠線以外のダイエットの肉割れにも♪
  • 海洋成分由来の保湿成分
  • サロンでも使用される有効成分を配合
  • 女性らしさが溢れるワイルドローズの香り
  • ベタつかず、伸びがよくて塗りやすい
  • 値段が安い、定期の初月は100円で試せるのも魅力

値段が安いので予算をほんのちょっとでも抑えたいという人に。

 

伸び・ベタつき 保湿効果の持続 においの有無 マッサージ効果

◎(塗りやすいと高評価)

〇(妊娠線予防にはとても重要)

△(ワイルドローズ:好みによる)

◎(マッサージの引き締め効果)

 

1本のみの価格

6,680円(送料無料)

定期便の1回目

100円(送料無料)

定期便の2回目以降

4,680円(送料無料)

 

妊娠線ができてしまいやすい人の特徴は?

 

妊娠線ができてしまった人の行動、
生活習慣の特徴をまとめてみました。
妊娠線は決して予防できないものではありません。

 

もちろんできやすい体質など個人差はありますが、
それより大切なのは妊娠中の生活習慣やケアの仕方など。

 

正しい知識を知っておけばきっと役に立つと思います。

 

明らかに体重がオーバーしすぎている

 

まず、妊娠線は体重が急激に増え、体のサイズが一気に大きくなる時に
皮膚の伸びがそれについていけなくなって発生します。

 

 

特に、つわりが終わった時期には、食欲が急激に増したりすることもありますので
つわりが楽になってくる妊娠4ヶ月目あたりから、
食べ過ぎや運動不足には十分注意しなくてはいけませんね。

 

 

また、お腹の赤ちゃんが平均サイズより大きく育っている場合は
その分妊娠線が出来やすくなりますので早めのケアが必要です。

 

 

食事制限のしすぎでストレスが溜まってしまってはいけませんが
野菜中心にして炭水化物は少なめにするとか
お菓子も低カロリーなものを選ぶなどの工夫をして乗り切りましょう。

 

妊娠線ケア専用のクリームやオイルを使っていない

 

妊娠線予防のボディクリームは今やメジャーな商品ですので
妊娠した女性の約97%は使っているそうです。

 

 

ですがそのうち市販のボディークリームで代用していたという人は意外と多く、
「妊娠線ケア専用のクリーム」をわざわざ使う人は全体の半分もいないそうなんです。

 

 

でも、妊娠線予防専用のクリームは、
市販のものに比べて保湿力や持続力が高いだけではなくて
肌のハリ、弾力、柔軟性を高めてくれるような成分がしっかり含まれているものが多いです。

 

 

ちゃんと妊娠線をケアしたいなら専用のクリームを使用して
後から後悔しないようにしておきたいですよね。

 

 

妊娠線ケアを始めるのが遅かった

 

妊娠線のケアはいつから始めればいいのでしょうか?

 

 

妊娠線のケアをする妊婦さんの約8割近くの人が
妊娠2ヶ月目から5ヶ月目の間には専用クリームなどでケアを始めるといいます。

 

 

妊娠線のケアは継続が大切です。
「ちょっとお腹が膨らんできたかな?」
と感じたら早めに妊娠線のケアを開始してOKです。

 

 

クリームやオイルの塗り残し

 

せっかく妊娠線予防のクリームを使っていても
きちんと塗れていなければその効果は半減してしまいますよね。

 

 

そして実は、妊娠線はお腹だけにできるわけではありません。
ステロイドホルモンの影響でお肌のハリや弾力が失われるのが原因で
バストやおしり、太ももや背中にまでできる可能性があるんですΣ(゚д゚lll)

 

 

妊娠中は運動不足も影響して下半身がむくみやすくなりますよね。
ですから妊娠線予防クリームを塗りながら、
ついでに太ももやおしりもマッサージしてあげると一石二鳥ですね。

 

 

妊娠線のできる場所は人それぞれだったりしますので
入浴の際に鏡などでこまめにチェックしてあげるのもいいかもしれません。

 

 

腹帯などを使ってお腹を支えていなかった

 

妊娠後期になってくると赤ちゃんがグッと下の方に下りてきます。
特に妊娠6ヶ月目あたりからはお腹が目立ってきますので
妊娠線も出来やすくなってきます。

 

 

特にお腹の下側、お尻、背中の腰の上付近は要注意!
この時に腹帯などで下から軽く支えてあげることによって負担がかなり減らせます。
そんなに高価なものではないのでぜひ使ったほうがいいと思います。

 

 

第2子の出産以降や、多胎(双子、三つ子など)

 

1人目の妊娠では妊娠線ができなかった人でも
2人目以降の時にはできてしまった。ということは意外に少なくありません。

 

1人目で引き伸ばされてしまった皮膚が、2人目の妊娠の時にさらに伸ばされた結果、
妊娠線ができてしまうってこともあります。

 

 

また、双子のママさんならその分お腹も大きくなりやすいので
当然妊娠線の確率は上がってしまいます。

 

幸せが増える分、妊娠線も増えてしまった…、
なんてことにならないように油断せずにケアしていきたいですね。

 

 

もともと小柄な人、もともとぽっちゃりしてる人

 

これはもう、もともとなのでしょうがないのですが、
もともとポッチャリしている人、小柄な人は妊娠線ができやすい傾向にあります。

 

これはもともと皮下脂肪が多い人のほうが、やせ型の人に比べて
肌の弾力性が少ない傾向にあるためです。

 

 

また、小柄な人は背の高い人に比べて、
皮膚そのものの余力が少ないため、お腹が前に膨らんでくるときに
どうしても妊娠線が出来やすくなってしまいます。

 

妊娠線ケアはいつから始めるのがベスト?

 

妊娠線ケアを始めるのは早い人で妊娠2ヶ月目から始めます。

 

 

遅い人でもほとんどの人が5ヶ月目には始めますが
できればお腹が目立ち始める28日前くらいから
妊娠線ケアをしていくのがベストです。

 

これは28日周期の肌のターンオーバーの関係で、
お腹の膨らみが目立ち始めるより先にお肌のケアを始めることによって
あらかじめ肌の乾燥を防ぎ、柔らかい状態にして妊娠線に備えるためです。

 

 

大切なのは生活習慣と早めの妊娠線ケア

 

いかがだったでしょうか?
妊娠線はもともとできやすい、できにくいといった個人差は確かにあります。

 

でも妊娠線のできるできないは、
食事などの生活習慣、こまめな予防ケアの方がはるかに重要です。

 

 

妊娠線ケアのポイントは、

  1. 妊娠線クリームは毎日心地よく使えて、潤いを実感できるものを選ぶ
  2. ケアのタイミングは、夜の入浴後と朝がオススメ
  3. 塗ったあとにティッシュが張り付くくらいたっぷりと塗る
  4. お腹だけじゃなくてバスト、おしり、太もも、背中にも!

 

妊娠線クリームの中で女性に一番人気なのがベルタという妊娠線クリームです。
通常のクリームとの違いは

 

  • シラノール誘導体
  • オーガニック原料使用
  • コエンザイムQ10
  • ヘスペリジン
  • 葉酸
  • 美容成分
  • アミノ酸・ビタミン5種類

 

が配合されていて、安心安全の無添加。
これらの有効成分が、肉割れ(妊娠線)に働きかけて傷の再生を促してくれます。

 

 

妊娠線を予防する&できてしまった妊娠線をケアできるような
超保湿クリームをお探しならば、ベルタがおすすめです。

 

 

下のサイト限定の割引キャンペーンもしているので、
良かったらチェックしてみてくださいね。

 

たまごクラブで紹介!妊婦に大人気の妊娠線予防クリームはこちら
ワンコインで試せる今が、キレイをゲットするチャンスです♪
   ↓     ↓     ↓


 

 

 

 

 

 

 

妊娠したら、お腹の中の赤ちゃんのためにも栄養には気をつけたいですよね。特に妊娠初期は胎盤が作られるので、細胞分裂が盛んな時期です。この時期に特に摂取したほうがいい成分は鉄と葉酸です。それでは順番に説明していきますね。↓   ↓   ↓妊娠初期に鉄分が必要なのはどうして?妊娠中は細胞分裂が盛んになるので人によっては貧血を起こしやすくなってしまいます。ですので鉄分を積極的に摂取することが必要となってき...

 
 

妊娠線ができてしまう原因は?妊娠線ができてしまう原因は大きく分けて2つあります。1つ目はお腹が大きくなるにつれて起こる急激な皮膚の伸びです。2つ目は体内のコラーゲンの減少です。妊娠中はステロイドホルモンというホルモンの分泌が盛んになります。このステロイドホルモンですが、実は体内のコラーゲンを減少させる働きを持っています。女性の美肌にとってなくてはならないコラーゲンを減少させてしまうなんてなんて罪な...

 
 

マタニティ・妊婦用のパジャマについて。出産、入院のためのパジャマですが、妊婦用のパジャマってとても長いですよね。私も最初はなんであんなに長いんだろうって思っていました。ユニクロとかで少し大きめのパジャマを買うのはダメなのかなーって。あの丈の長いパジャマは2度と使わないような気がして。私の場合ですが、1人目は入院中に陣痛が来ました。分娩台に上がるときは病院支給のもの(長い丈のもの)に着替えました。そ...

 
 

妊婦さんが体を冷やすことはそんなに悪いの?妊娠中は体を冷やさないようにとよく言われます。実際に体を冷やすことで赤ちゃんに悪影響が出てしまうこともわかっています。ママの体に対しての冷えの悪影響はとにかく血行が悪くなることです。それによってつわりが酷くなるおなかが張りやすくなる(妊娠線も残りやすくなる)腰痛・便秘になりやすくなる手足のむくみ産後の母乳が出にくくなる陣痛が酷く感じるようになる特に妊婦さん...

 
 

妊婦さんが旦那に対してイライラしたりストレスを感じたりするのはどんな原因があるのでしょうか?奥さんが妊娠前に比べて急に怒りっぽくなったと感じている夫の方はぜひ最後まで読んでみてください。妊婦の旦那が踏みやすい地雷あるあるつわりで苦しんでいるみたいだったから「今日も、うどんでいいよ」って言ってあげた。そしたらなんだか不満そう。(てゆーか俺なりに譲歩してあげたのに…。)妻が「ちょっとお腹が張ってる、病...

 
 

妊娠中のタバコと禁煙のストレスについて妊娠中にタバコを吸う人で、禁煙するとストレスになるからお腹の赤ちゃんに悪いからだから少しはタバコを吸ってもいいんだという人もいますよね。本当にタバコを吸うよりも、我慢するストレスの方が赤ちゃんに悪影響を与えてしまうのでしょうか?ニコチンよりもストレスの方が赤ちゃんに悪影響を与えるのでしょうか?たしかにタバコを無理にやめる時のストレスはかなりのものですのでお腹の...

 
 

食べづわりの人はもちろん、休み休みの間についつい完食をしてしまったり妊娠をきっかけに食べ物の好みが変わってお菓子に手が伸びてしまう妊婦さんも多いはず。ですが、カロリー、砂糖、添加物など、いろいろ気になることは多いですよね。このページでは妊娠中の間食に関するいろいろな疑問について取り上げてみました。妊娠中にチーズケーキは食べてもいいの?妊娠中に生チーズを食べてはいけないということを聞いたことがある人...

 
 

妊娠初期にジーンズを履くのはNG?妊娠初期のお腹がまだ出てきていないような時期に、お腹を締めるような服装(たとえばジーンズなど)を履くというのは胎児にとって大丈夫なのでしょうか?この場合、超初期段階の妊娠が発覚するかしないかぐらいの時ならまだ服装に気を使う必要はありません。よっぽど、お腹の形が変わるんじゃないかというくらいの極端な締め付けをする服はやめておいた方がいいと思います。そもそも子宮は下腹...

 
 

〜妊娠していなくても〜妊娠0週からスタート妊娠生活の始まりとは言っても、妊娠2週未満のお腹の中には赤ちゃんはいません。卵管の中で生死と卵子が出会い受精卵となるのが、月経周期の14日目頃の排卵期です。そこから約1週間かけて卵管にたどり着いた受精卵が子宮内膜に着床すると、晴れて妊娠の成立となります。日本では最終月経が始まった日を「妊娠0週0日」というふうに数えます。つまり、妊娠0週はまだ生理中です。排...

 
 

女性ホルモンが増え体や心に変化があらわれますおなかの中に胎嚢(たいのう)と呼ばれる赤ちゃんの袋が見える頃になると、妊婦さんの心や体にも色々な変化があらわれてきます。「なんとなくからだがだるい」「胃がむかむかする」といった不快感を感じることもあるでしょう。これは妊娠を維持するためのヒト絨毛性(じゅうもうせい)ゴナドトロピンという物質が活発に分泌されるためです。このホルモンの分泌量で妊娠の判定をするの...

 
 

妊娠3ヶ月目にあたるこの時期は、ホルモンの影響でつわりもピークになります。ママの体も赤ちゃんの成長具合も週ごとに刻々と変化していきます。妊娠3ヶ月目(8週・9週)のママさんの体の変化は?妊娠3ヶ月目(8週・9週)のママさんの体の変化としてつわりがピークになる尿の回数やおりものが増える便秘気味になることもある早い人ならば妊娠4週目頃からはじまるつわりですが、6週、7週、8週目がピークとなる人が多いで...

 
 

つわりが楽になって、流産の危険性も減るためママさんのストレスも減り身体的にも精神的にも少し楽になってくる時期です。妊娠4ヶ月目(12週・13週)のママさんの体の変化は?妊娠4ヶ月目(12週・13週)のママさんの体の変化は・つわりが少しずつ楽になってくる・基礎体温が低温になる妊娠12週を過ぎた頃から、辛かったつわりが徐々に治まってきます。中には出産直前までつわりが続いていたという人もいますが、ほとん...

 
 

ついに安定期に入ってきます。体重管理に特に注意しなければいけない時期です。妊娠5ヶ月目(16週・17週)のママさんの体の変化は?妊娠5ヶ月目(16週・17週)のママさんの体の変化は・さらに」お腹が目立ち始める・乳房が大きくなって張りが強くなる・食欲が増してくるまずはおなかのふくらみがさらに分かりやすくなってきます。ほかの人から見てもすぐわかる状態になります。妊婦さんとしての自覚も強くなってくる時期...

 
 

この時期は赤ちゃんの胎動を感じ取ることが出来るようになる、妊婦さんにとってはとても幸せな時期になります。妊娠6ヶ月目(20週・21週)のママさんの体の変化は?妊娠6ヶ月目(20週・21週)のママさんの体の変化はほとんどの人が胎動を感じるようになる便秘や痔になりやすい乳首がチクチクしやすくなるといった感じです。特に、初めて胎動を感じることができた時の喜びは女性ならではの幸せであると言えますよね♪もち...

 
 

妊娠初期の基礎体温はどれくらい?妊娠すると女性の基礎体温は1〜0.5℃高くなります。個人差がありますが、着床した時期は特に高く37℃を超えている場合も普通にあります。私の場合4週目くらい(このくらいで妊娠発覚)からはもう少し落ち着いて36.60〜37.50くらいになっていました。妊娠初期に基礎体温が下がってしまう原因は?妊娠初期に基礎体温が下がってしまう原因はいろいろありますが単純な計測ミスの場合...