妊娠中のお酒は飲んじゃダメ?

MENU

 

妊娠中にお酒を飲んではいけない理由は?

 

 

妊娠中に飲酒をすると飲んだアルコールは胎盤を通過します。
胎児はアルコール代謝能力が非常に低いので
胎児性アルコール症候群を引き起こします。

 

 

 

以前は1日1杯程度の量ならば、飲酒しても、
それほど影響は多くないと言われてきました。

 

 

 

その頃はたしかに医学的にも確定しておらず、
一部では都市伝説的な扱いをされていた時期もありました。

 

 

 

ですが現在では、妊娠中のアルコール摂取は絶対に禁止!
という指導がどこの産院でも定着しています。

 

 

 

飲まなければストレスになるのなら、
少しくらいは飲んだって大丈夫ですよ。
などということは絶対にありえません。

 

 

 

胎児性アルコール症候群は妊婦さんが
お酒を飲みさえしなければ100%防ぐことができるものなのです。

 

 

 

胎児性アルコール症候群とは?

 

 

母親のアルコール摂取により、
胎児に精神発達の遅れや、小頭症、行動異常、
特有の顔つき(短いまぶた、薄い上唇など)が現れることがあります。

 

 

 

さらに、奇形になる確率もグンと上がります。
妊娠中に1度だけ飲酒しただけなのに、
かかってしまうケースもあるそうです。

 

 

 

今までは妊婦さんの大量飲酒によって起こると言われていきましたが
近年では少量の飲酒でも発生したとの報告もあったようです。

 

 

 

赤ちゃんの脳は妊娠中ずっと発達を続けています。
デりケートなので、もちろんアルコール以外の影響も受けやすいです。
ですがその中でも特にアルコールによる悪影響はものすごいです。

 

 

 

具体的には脳が小さい状態で生まれてきてしまったり、
脳内の左右をつなぐ脳梁という部分が萎縮したり
形が歪んだりすることが報告されています。

 

 

 

妊娠中に摂取したのアルコールは
へその緒から胎児へと伝わっていきます。

 

 

 

体が小さな胎児には、たとえ少量であってもアルコールを分解するだけの能力はありません。
酸素欠乏症などを引き起こし、低体重で生まれてきてしまったり、
最悪の場合死に至るケースもあります。

 

 

 

赤ちゃんのことを思うなら、お酒は飲みたくなっても
産むまではガマン!です。

関連記事(この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます)