マタニティ・妊婦用のパジャマって必要?どうしてあんなに長いの?

MENU

マタニティ・妊婦用のパジャマについて。
出産、入院のためのパジャマですが、妊婦用のパジャマってとても長いですよね。
私も最初はなんであんなに長いんだろうって思っていました。

 

 

ユニクロとかで少し大きめのパジャマを買うのはダメなのかなーって。
あの丈の長いパジャマは2度と使わないような気がして。

 

 

私の場合ですが、1人目は入院中に陣痛が来ました。
分娩台に上がるときは病院支給のもの(長い丈のもの)に着替えました。
その後助産師さんが下着を脱がしてくれました。

 

 

2人目の時はLDR室という、陣痛室と分娩室、あと産後の休憩が一緒にできる部屋でした。
病院支給の服に着替える時に自分で下着も脱いだ覚えがあります。
分娩の時は必ず病院支給のものに着替えると思います。

 

 

下に何も履かないということは、
あの長い丈のパジャマが役に立つんですよね。
病院内を歩く時だってほかの患者さんに下半身が見られないというメリットがありますしね。

 

 

さらに、もしも会陰切開をする場合には、
出産直後にはとてもじゃないけれど痛くて足は上げられません。
ですのでパジャマのズボンも履けないんです。

 

 

私の時は下着は助産婦さんが産褥パンツを履かせてくれました。
あの産褥パンツというものは、お産パッドを交換するときにいちいちパンツを脱いだりしなくていいように
マジックテープ式になっているんですよね。

 

 

この時に普通の丈のパジャマしか持っていないととても不便です。
産褥パンツを履いた下半身が丸見えになってしまうんですからね。
マタニティパジャマが大活躍しました。

 

 

お産済ませたあと、病院で普通のパジャマを着ている人っていうのは
私は見かけませんでしたし、みんな丈の長いパジャマを持参していましたよ。

 

 

可愛くないから嫌って人もいるかもしれませんが、
今では通販なんかでかわいい丈の長いマタニティパジャマが安く売っています。
可愛ければ産後も使えたりするので無駄にはならないですよね。

 

 

マタニティパジャマはいつから用意すればいいの?

マタニティ用のナイティやパジャマは、
お腹が大きくなってから、もしくは出産準備で買えばいいやと思っている方って
案外多いのではないでしょうか?

 

 

でもそれは間違いなんです。
実はつわりになってウエストゴムの締めつけが気になり寝苦しくなった、
なんとなくお腹が痛くなってしまったなんて人もいます。

 

 

また急にパジャマが必要になってしまったけれど
慌てて買うことになった時に自分の好みのものが
すぐに見つかるとは限りませんよね?

 

 

妊娠したら早めにお腹をすっぽりと覆ってくれるような
マタニティ用のナイティやパジャマを入手して、
おうちでのくつろぎタイムをゆったりと過ごせるようにするのが正解です。

 

 

オンラインマタニティショップ「ミルクティー」なら
産後まで長く使えるようなかわいいマタニティパジャマがたくさん選べますので、
好みのパジャマがきっと見つかりますよ♪

 

   ↓     ↓     ↓
>>ミルクティーのかわいいマタニティパジャマはこちら♪

 

(返品交換もできるので安心です♪)

 

 

 

 

 

 


関連記事(この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます)