妊娠初期症状がないのは危険?

MENU

妊娠の初期症状とは?

女性は妊娠すると妊娠初期の症状として、様々な変化が表れてきます。
この妊娠初期の症状が出る理由としましては、女性ホルモンの分泌量が関係しているのです。

 

この、女性ホルモンは、女性が妊娠、出産をスムーズにできる必要なものですので、分泌量には、様々な環境の変化や、ストレスなどが関係してきます。
よく、ストレスでニキビが大量にできてしまったという女性がいますが、これは、ハッキリと女性ホルモンの分泌量の異常によって表れるものです。

 

女性ホルモンは、環境の変化やストレスに非常に敏感であり、極力、ストレスを溜め込まない環境に身を置いたほうが分泌量は安定してきます。
主な妊娠初期の症状としては、

 

  • 生理以外の微量な出血
  • ニキビや吹き出物が出る
  • 身体がだるい

 

などの、症状が出ます。

 

妊娠によって体内の環境が大幅に変わったので、女性ホルモンの分泌量に異常をきたしてこのような状態となります。

 

 

妊娠初期症状が出ない場合もある?

 

これは、いくつかの妊婦さんの経験、体験談をまとめてみると、妊娠しているのに妊娠初期症状が出ないケースも確実に存在すると思います。
そして、この、妊娠初期症状が出てくる時期にも個人差がありますので非常にひとつの事例だけで判断するのが難しいものでもあるのです。

 

またよくある話で、生理が中々、来ないと思ったら、やはり妊娠していたというケースですね。

 

妊娠の初期の症状が出ている場合は、上記でも解説したとおり、微量の出血であったり、体のだるさやニキビなどが出来てもおかしくはないのですが、そのような症状がこないため、本人も妊娠しているかどうかがわからない状態ということなんですね。

 

2人目以降は全く妊娠の初期の症状が出なかったというケースも多いです。

 

私は、この2人目以降に初期の症状が出ないというのは体が妊娠に慣れてきたためだという研究者もいます。
女性ホルモンは環境の変化やストレスに弱いです。
ほんのちょっと女性ホルモンの分泌量が変わってしまうだけで女性の体調というものはものすごく調子が悪くなってしまったりするのです。

 

しかし、2人目以降の母親に関しては既に体が妊娠に対しての免疫を作っているため女性ホルモンに異常をきたさなかったのではないかと感じています。

 

どちらにしても、妊娠の初期症状が来ないケースは確実に存在します。

 

 

 

妊娠初期症状がない場合は大丈夫?対策は?

妊娠しても妊娠初期症状が来ない場合ですが、
「もしかしたらこれって流産の前触れなんじゃ…」
「症状が来ないのはなにか異常が起きているのかな…?」

 

なんて心配になってしまうこともあるかもしれません。
でも妊娠しているのに妊娠初期症状と呼ばれる様々な体の変化を感じない妊婦さんも意外と多いのです。

 

たとえば、お腹の張りやつわり、そういった自覚症状がなくてもおなかの中で赤ちゃんはすくすく育っているのです。
症状を感じないから胎児の健康に害が出やすくなっているとかそういう心配はいりません。

 

ただ、産婦人科での定期的な検診は絶対に行きましょう。
また、突然お腹が痛くなってきたり、不安に感じるような自覚症状がある場合は、「今度の検診日でいいや」と思わずにできるだけ早く、
かかりつけの医院に連絡して、症状を伝えて指示を仰いでください。