出産育児一時金のもらえる金額は?申請ってどうやってするの?

MENU

 

 

産婦人科の診察料が高い!

 

 

「もしかして妊娠かも!?」と思って産婦人科に行ったものの、
いきなり高額の診察料を請求されてびっくりした!
という経験をした妊婦さんも多いのではないでしょうか?

 

 

 

妊娠、出産には何かと出費はかさむのものですよね。
あれもこれもお金がかかってしまい将来のことも不安になってしまうかもしれません。
でも安心してください。

 

 

 

日本では出産における公的支援はとてもしっかりしています。
きちんと知識を持って申請すれば、
「もらえるお金」「戻ってくるお金」というものはたくさんあります。

 

 

 

出産育児一時金ってそもそも何?

 

 

出産育児一時金というのは、
分娩費として子供1人につき42万円を補助する制度のことです。

 

 

 

  • 健康保険組合、または国民健康保険組合からもらえます。
  • 健康保険に加入しているか、被扶養者になっている人が対象となっています。
  • 妊娠4ヶ月(85日)以上で出産した場合に受けることができます。
  • 双子以上の出産の場合は人数×42万円がもらえます。
  • 申請時期は出産前と出産後の2通りあります(詳しくは後述)。

 

 

妊婦さんの出産費用をサポートするために支給されるのが、「出産育児一時金」です。
子供1人当たり42万円が健康保険から支払われます。
(この金額には、産科医療保障制度の掛け金も含まれています。)

 

 

 

そのため、専業主婦の方は夫が加入している健康保険に、
仕事を続ける妊婦さんは自分の加入している健康保険に、
退職した妊婦さんは出産時点で加入している健康保険に対して申請することになります。

 

 

 

出産育児一時金を申請するときのタイミングは?

 

 

出産育児一時金には、「直接支払制度」と
「産後申請方式」の2つのタイプがあるのはご存知ですか?
それぞれ申請する方法も、もらえるタイミングも違います。

 

 

 

早いタイミングでもらえるのは「直接支払制度」の方です。
ではそれぞれの申請方法を見ていきましょう。

 

 

 

産後申請方式

 

 

産後申請方式での出産育児一時金の申請方法は次のようになります。

 

  1. 健康保険組合から「出産育児一時金支給申請書」をもらい記入しておく。
  2.  

     

  3. 出産の入院時に申請書を持って行き、入院中に出生証明欄に記入してもらう。
  4.  

     

  5. 退院時は出産費用を自分で全額支払っておく。
  6.  

     

  7. 退院後、申請書を健康保険組合に提出。

    そこから2週間以降に指定口座に42万円が振り込まれる。

 

 

直接支払制度

 

 

直接支払制度で出産育児一時金を申請する流れは次のようになります。

 

 

  1. 分娩予約から入院までの間に、産院から

    「直接支払制度に対する合意書」をもらって、それに記入して提出。

  2.  

     

  3. 出産入院時に健康保険証を提出。
  4.  

     

  5. 退院時に42万円を超過した分の出産費用を窓口で支払う。
  6.  

     

  7. 42万円より少なかった場合は、

    差額分を健康保険組合に請求することもできます。