妊娠中のタバコについて。喫煙が胎児に与える影響は?

MENU

妊娠中のタバコと禁煙のストレスについて

 

妊娠中にタバコを吸う人で、
禁煙するとストレスになるからお腹の赤ちゃんに悪いから
だから少しはタバコを吸ってもいいんだという人もいますよね。

 

 

本当にタバコを吸うよりも、我慢するストレスの方が
赤ちゃんに悪影響を与えてしまうのでしょうか?
ニコチンよりもストレスの方が赤ちゃんに悪影響を与えるのでしょうか?

 

 

たしかにタバコを無理にやめる時のストレスはかなりのものですので
お腹の中の赤ちゃんにとって当然良くはありません。

 

 

ですが理想は妊娠する前にきっぱりと禁煙に成功しておくということです。、
タバコは本人ではなくても周囲で吸っている人がいることで
子供の身長が伸びなくなる小人化が非常に多くなります。

 

 

タバコのニコチンの影響は?

 

タバコのニコチンは血液の流れを減少させ、
胎児に栄養が届きにくくなります。
また一酸化炭素も同様に酸素を届きにくくなります。

 

 

そのせいで、喫煙をしていた妊婦さんの出産では、
早産や胎盤剥離等の異常や、
からだの小さな「低出生体重児」が増える傾向にあります。

 

 

さらに悪いことに、子供の知能指数や多動などにも影響を与えてしまうというデータもあります。
妊娠中にタバコを吸われた子供と、そうでない子供の間には
平均知能指数に明らかな差が出てきているという研究結果もあります。

 

 

妊娠中のお母さんの喫煙の有無で子供の多動性障害の発症率に
実に2〜3倍もの差が出ていることが明らかにされています。

 

 

電子タバコは大丈夫?

禁煙のために電子タバコを使用している人も多いですが、
「タバコをどうしてもやめられない」という人が、
本物を吸うよりはいいかもしれません。

 

 

ですが電子タバコの中にはどのような成分が入っているかわからないので
必ずしも安全だから好きなだけ吸おうというのは良くないと思います。

 

 

禁煙ガムは大丈夫?

禁煙ガムの殆どにはニコチンが含まれています。
ニコチンは赤ちゃんの脳に悪影響を及ぼしますので
発達障害を起こす原因にもなったりします。

 

 

タバコそのものを吸ってしまうとニコチン以外にも
色々な化学物質に赤ちゃんを晒してしまうことにもなりますので、
喫煙するよりはマシかな、という程度です。

 

 

禁煙パッチは大丈夫?

ニコチンは赤ちゃんにはよくないけれど、タバコをやめるための途中経過としてなら、
喫煙を続けるよりはまだましです。

 

 

たしかにニコチンパッチは、喫煙に比べると
血中のニコチン濃度は低く済みます。
ですが理想を言えば、妊娠中は体内にニコチンは入れたくありませんね。

 

家族の喫煙は大丈夫?

家族がタバコを吸う人だったりすると妊婦さんは辛いですよね。
ましてや一緒にいるときにまで吸われたりしたら…。

 

 

受動喫煙は普通の喫煙と同じ、またはそれ以上に
お腹の赤ちゃんに対して悪影響が出ます。

 

 

ニコチンと一酸化炭素の影響で、胎児に酸素を送る力が低下しますので
お腹の赤ちゃんは酸欠で苦しむことになります。
家族の人は同じ部屋では絶対に吸わない、タバコの煙を吸わせない気遣いが必要です。

 

 

小児科学会でも、小児がん予防のためにも、
妊婦さんと周囲の禁煙を推奨するべきだと言っています。

 

○関連記事

 

>>妊娠初期の流産の症状と兆候は?どうして流産になるの?

関連記事(この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます)