妊娠初期から臨月まで使える妊婦さん専用タイツ、スパッツは?

MENU
妊婦さんが体を冷やすことはそんなに悪いの?

 

妊娠中は体を冷やさないようにとよく言われます。
実際に体を冷やすことで赤ちゃんに悪影響が出てしまうこともわかっています。

 

ママの体に対しての冷えの悪影響はとにかく血行が悪くなることです。
それによって

 

  • つわりが酷くなる
  • おなかが張りやすくなる(妊娠線も残りやすくなる)
  • 腰痛・便秘になりやすくなる
  • 手足のむくみ
  • 産後の母乳が出にくくなる
  • 陣痛が酷く感じるようになる

 

特に妊婦さんが体を冷やすことは難産につながりやすくなりますので
常に暖かい恰好を意識してみてください。

 

ヘソ出し、ミニスカ、ホットパンツ、素足サンダルなど下半身を冷やすのは厳禁です。
季節にもよりますが、足湯に浸かったり、タイツ、スパッツなどを利用したりしておなかから下を冷やさないようにしましょう。

 

 

特におなかから下を冷やさないようにしてあげる理由

 

妊娠初期から下半身を冷やさないようにする理由は
ママの体への悪影響だけではありません。

 

おなかから下を冷やしていると、
お腹の中の赤ちゃんは自分の体温を維持するために
体中に脂肪を巻いて生まれてきます。

 

 

この脂肪を胎脂というのですが、
お母さんのおなかの中で寒い思いをした赤ちゃんは
この胎脂をまとって真っ白になって生まれてきます。

 

 

時には早産や、帝王切開の原因にもなる可能性もあります。

 

 

今どきの妊婦さんはおしゃれ志向なのか、ミニスカや素足などの女性も見かけますが、
靴下、スパッツ、タイツ、パンツなどで下半身を温めるようにしてあげれば、
それだけ赤ちゃんへの負担も軽減します。

 

 

私自身は西松屋としまむら、ミルクティーで
タイツやレギンスを購入したことがありますが、
その中でしたらミルクティーのタイツ・レギンスが
肌触り・温かさ・お腹周りの伸びがよく
ゴムの締めつけもなかったので一番お気に入りでした

 

 

ミルクティーの公式サイト、安くて使えるアイテムが結構あるので
良かったらまた覗いてみてください。

 

>伸びがよくておすすめ!ミルクティーのタイツ・レギンス

 

 

関連記事

 

 >>妊娠初期の服装の注意点は?(4〜15週目の妊婦さん必見)

 

 

 

関連記事(この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます)