もしかして妊娠?初期症状っていつから現れるの?

MENU

妊娠初期の症状はいつから?どんなものがあるの?

 

 

妊娠初期の症状はどんなものがあるのでしょうか?

 

妊娠初期の症状について知りたいそうですが、
私が調べたことをここで伝えますね。

 

 

まず妊娠初期の症状は、排卵〜生理前の”黄体期”と
状態が似ているようです。

 

 

どちらも女性ホルモンの影響のせいで起こる症状なので
似ているのは当然だそうです。

 

 

その症状としてわかりやすいのが

 

 

・臭いに敏感になる

 

・気分が悪くなる(吐き気)

 

・乳頭色が濃くなる

 

・胸が張ってくる

 

・体がだるくなる

 

・眠くなりやすくなる

 

・軽い頭痛

 

・下腹部が痛くなる

 

・生理が止まる

 

 

このあたりです。
ですがこれらの症状は人によってわかりにくかったり
全くあらわれないこともあります。

 

 

確実に言えるのは生理が止まることだけですね。
ですのでもしも生理日になっても来ない、というのであれば
まずは市販の妊娠検査薬を試してみてください。

 

 

 

妊娠初期の症状はいつから現れるのでしょうか?

 

 

いつから症状が現れるのかと言うことですが、
これに関しては、まず仮に排卵日以降に受精したとします。

 

 

その受精卵が今度は子宮に着床して
この時点で妊娠成立となります。

 

 

そしてこの子宮への着床は7〜10日ほどかかります。

 

無事に着床完了したあと
妊娠初期特有の女性ホルモンが出てきます。

 

 

このあたりから症状を実感する人もいるみたいですが
特に多いのが生理予定日の数日前くらいです。

 

 

 

ですので、もしも排卵日に性行為をしたとしても
妊娠初期の症状をいつから感じ始めるのかは
早くても12日以上は経過してからだと思います。

 

妊娠初期の症状がいつから現れるのか
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

妊娠初期の服装の注意点も合わせてお読みください