妊娠予期症状の腰痛の原因と対策は?

MENU

 

このページは以下の項目に分かれています。

 

・妊娠初期症状として腰痛が起こる原因は?

 

・妊娠初期症状の腰痛と生理時の腰痛は似ている?

 

・妊娠初期症状の腰痛の対策は?

 

 

妊娠初期症状として腰痛が起こる原因は?

 

妊娠中の腰痛の原因は大きく分けて2つあります。

 

それは、

 

 

1.妊娠によって女性ホルモン「リラキシン」が分泌されるため

 

2..お腹が大きくなることで重心が変化し、腰関節への負担が増えるため

 

 

です。

 

 

1.妊娠によって女性ホルモン「リラキシン」が分泌される

 

 

女性ホルモン「リラキシン」は子宮弛緩因子とも呼ばれ、
卵巣、子宮、胎盤などから分泌されます。

 

 

恥骨結合の弛緩、妊娠の維持、分娩の補助などの目的で分泌されます。
そしてリラキシンは生理前と妊娠3ヶ月〜産後数日の期間だけ分泌されます。

 

 

ですのでリラキシンが分泌されることで
恥骨結合が緩み、腰痛の原因になることが分かっています。

 

 

つまりこの女性ホルモンが分泌されることによって
妊娠中の腰痛が起こります。

 

 

 

2..お腹が大きくなることで重心が変化し、腰関節への負担が増える

 

 

2番はお腹が大きくなり始める妊娠中期頃から症状があらわれ始めます。
つまり中期頃から現れるので妊娠初期の症状としての腰痛とは少し違います。

 

 

妊婦中の腰痛に悩む妊婦さんの率は実はかなり高く
これは無意識のうちに普段とは違う姿勢になってしまっていることが原因です。

 

 

前傾姿勢を長時間続けたり、
お腹を突き出して反った状態がくせになってしまっていると
あるときなにかの拍子に腰を痛めてしまい動けなくなってしまう恐れもあります。

 

 

 

妊娠初期症状の腰痛の対策は?

 

 

妊娠初期の対策としては

 

 

・適度な運動・ストレッチをする

 

 

適度な運動・ストレッチなどは腰痛への予防・軽減に効果があります。
マタニティヨガに通うという方法もあります。

 

 

妊娠初期の頃から始められますので医師と相談しながら
つわりがひどくないときは試してみるのもおすすめです。

 

 

・マタニティスイミングを実践する(妊娠中期以降)

 

 

マタニティスイミングは基本的に安定期に入った妊娠中期以降(16週以降)に行います。
したい場合は必ず担当医師の許可をとってマタニティスイミング専門のスクールに通いましょう。

 

 

マタニティスイミングは妊娠中の腰痛にとても効果がありますし
安産になりやすいというメリットもあります。

 

 

専門のスクールならば助産師さんや看護職員の方がいるので安心ですし
ママさん同士の交流や情報交換もできますので
通える範囲にマタニティスイミングのスクールがないか保健所や病院で聞いてみましょう。

 

 

・お腹を冷やさないように妊婦用の腹帯・サッシュベルトなどを利用する

 

 

妊娠中の腰痛は基本的に慢性的なものです。
これらは冷やさないことでかなり予防&軽減できます。

 

 

妊娠中は専用の腹帯などを着用し
保温&関節への負担を減らす工夫をしていきましょう。

 

 

○関連記事

 

妊娠初期の服装の注意点は?

 

 

 

妊娠初期症状の腰痛と生理時の腰痛は似ている?

 

 

妊娠初期の症状の腰痛と生理前の腰痛は似ています。

 

でも個人差はあると思いますが、
生理前は足まで重くなる感じです。

 

 

また妊娠初期の腰痛は痛みを感じる人とそうでない人がいます。
ただ痛みを感じる時期がいつもの生理の時期とずれている場合は
妊娠の兆候である可能性も否定できません。

 

 

妊娠の兆候として下腹部痛を訴える場合もありますが
子宮あたりの痛みやムズムズ、おへその真下あたりがピリピリ痛かったりする場合は
妊娠初期段階の釣行の可能性も高いですので一度検査してみましょう。