妊娠初期の流産について。その症状と兆候はどんなものがあるのでしょうか?

MENU

 

このページは以下の項目に分かれています。

 

  • 妊娠初期の流産の兆候は?
  • 妊娠初期の流産の症状は?
  • 妊娠初期の流産の原因は?

 

 

妊娠初期の流産の兆候は?

 

妊娠初期の流産の兆候としてよくあるのが

  • 出血
  • 腹痛
  • 腰痛
  • 基礎体温の急激な低下
  • つわりが突然無くなる

 

特に流産の兆候として一番最初に感じやすいのが腹痛だと言われています。

 

 

ですが腹痛は普段から普通に起こりうるので
そのまま我慢してしまいがちです。

 

少しでも痛みを感じたらまずは病院に行くのが一番です

 

でも妊娠初期の流産の兆候として
何も感じないうちに流産してしまうことも結構あるものです。

 

 

妊娠初期の流産の症状は?

 

切迫流産

切迫流産とは、胎児が子宮の中に残っていて子宮口が未開大の状態、
出血が少量で流産する一歩手前の状態の事です。

 

つまり完全に流産している状態ではないため
まだ最悪の事態を回避できる可能性も残されています。

 

ちなみに妊娠12週までの切迫流産に対して
有効な薬剤は現時点では無いと言われています。

 

 

ですのでこの場合経過観察で様子を見るしかありません。

 

 

子宮内に血腫(いわゆる血の塊)があって
それが原因で切迫流産になっている場合があります。

 

この場合、安静にすることが効果的であるという実例もあるようです。

 

 

稽留流産(けいりゅうりゅうざん)

赤ちゃんがおなかの中で亡くなってしまい、
そのまま子宮の中に残ったままの状態を繋留流産といいます。

 

この状態の特徴は「自覚症状がない」ということです。

 

 

仮に出血や腹痛などがあれば
身の危険を感じて病院に行くことができるでしょう。

 

 

ですが、繋留流産の場合、赤ちゃんの心臓が動いてない状態にあっても
つわりが継続していたりすることもあります。

 

 

ですので妊婦検診で検査して初めて発覚することがほとんどです。

 

 

なお、繋留流産になったあと、子宮口が開大して進行流産に移行します。
たとえ自覚症状や異常な兆候が見られなくても
病院には必ず定期的に通わなくてはいけないのはこのためです。

 

 

進行流産

性器から多量出血が見られ、
陣痛のような激しい下腹部痛があり、子宮口が開大している場合
流産が進行している、いわゆる進行流産である可能性があります。

 

 

赤ちゃんのことも大切ですが
お母さんの体も心配です

 

 

すぐに誰かに病院に連れて行ってもらうか
救急車を呼んでいいくらいの事態だと思います。

 

 

完全流産・不全流産

胎児と胎盤が完全に子宮から剥がれてしまい
外に出てしまった状態です。

 

 

逆に子宮内に内容物が一部残っている状態を不全流産といいます。
完全流産になるまでは子宮出血が持続します。

 

 

妊娠初期の流産の原因は?

妊娠初期の流産を予防するために、
妊娠初期はとにかく体を冷やさないような服装を心がけてください。

 

(これは妊娠初期の服装の注意点は?のページでも述べていますので
良かったら読んでみてください。)

 

ただ、妊娠初期の流産は回避不可能なことが多いです。
流産の90%が12週までの妊娠初期段階で流産します。

 

 

流産の危険性は約10〜15%と言われています。
つまり10人中1〜2人は残念ですが流産してしまうのです。

 

 

これは誰にでも起こりうるものです。
どういうことかというと
妊娠初期の流産のほとんどは染色体異常によるものです。

 

 

つまり赤ちゃんに先天的な異常があるため
体が自然と流産に向かわせていることになります。

 

 

この場合、お母さんに非はありません。
なぜなら受精した瞬間に流産するかどうかも
決まってしまうからです。

 

 

実際に全妊娠の約15%は流産になってしまうのが現実です。
残念ですがこれは自然界では避けがたいことなのです。

 

 

妊娠初期の流産のほとんどが先天的な流産なので
妊婦さんのせいではありません。
ママさんは自分を責めたりしてはいけません。

 

 

でも気にしてはいけないなんて言われても
流産を経験してしまったお母さんの精神的つらさは
計り知れないですよね。

 

 

私自身、最初の妊娠の時5週目で流産してしまいました。
その時、お医者様が

 

「お母さんが悪いんじゃないんです。
ほんの少しだけでしたがこの子が宿ったことにも
ちゃんと意味はあるんですよ。」

 

 

とやさしく言ってくれたのを覚えています。

 

 

流産したあとは2回ほど生理を見送って
そのあとまた子作りを再開していました。

 

 

その後半年ほどでまた妊娠することができ
今では2児の母としてこの子たちと一緒にいられるのも
巡り巡って意味があったのかも知れません。

 

 

流産で辛いと感じている方へ

もしもあなたが辛い状況に陥っていたとして
私には何も元気づけられる言葉をかけてあげることはできません。

 

 

ですが、まわりにあなたの相談に乗ってくれる人はいませんか?
話を聞いてくれる人がいれば話を聞いてもらいましょう。

 

 

食べたいものを食べ、したいことをしましょう。
泣きたいだけ泣いてもいいと思います。

 

 

あとは体をしっかり休めてあげてくださいね。

 

 

先のことは本当に誰にもわかりません。
今は辛くてもこの先とても幸せなことが待っているかもしれません。

 

 

少しでもあなたの気持ちが楽になれば幸いです。