妊娠初期のジーンズの締め付けは赤ちゃんに悪影響?

MENU
妊娠初期にジーンズを履くのはNG?

 

妊娠初期のお腹がまだ出てきていないような時期に、お腹を締めるような服装(たとえばジーンズなど)
を履くというのは胎児にとって大丈夫なのでしょうか?

 

 

この場合、超初期段階の妊娠が発覚するかしないかぐらいの時なら
まだ服装に気を使う必要はありません。

 

 

よっぽど、お腹の形が変わるんじゃないかというくらいの
極端な締め付けをする服はやめておいた方がいいと思います。

 

 

そもそも子宮は下腹部の厚みのあるお肉に覆われていますので
長時間履いていたら苦しくなるくらいキツイジーンズとかじゃない限りは
お腹が出てきてもいない初期段階では気にせずに履いて大丈夫です。

 

 

少しお腹が出てきたら

 

基本的にお腹が出てこないうちはいつも履いているものを履いておけばいいですが、
お腹が張ってきたり、少しでも苦しいなと感じたり、
つわりが酷くなってきたらお腹を圧迫しないものに履き替えましょう。

 

 

ちなみに、普通のジーンズをボタンやフックだけ外して履いていると
個人差もあるのですが、歩き方が変になって重い腰痛になることもあります。

 

 

 

マタニティジーンズは下の方までニット素材のものなら妊娠初期から臨月まで履くことができます。
私が使っていたマタニティジーンズは、1人目でウエスト104cm、
2人目でウエスト113cmでしたが無事に臨月まで履くことができました。

 

 

特に2人目の時は7週目あたりからつわりで気持ち悪かったのでどんどん履いていました。

 

 

それでもおしゃれに気を使いたいママさんに

 

 

マタニティ服を買うのはもったいないから買いたくないという人はけっこういます。
それはもう人それぞれなのでいいと思います。

 

 

実際にLサイズのものを履く、旦那のジーンズを履く、
輪ゴムなどを利用して自作のマタ服を作る、などという裏技もありますし
工夫次第ではどうにでもなるでしょう。

 

 

ただ、短い妊婦生活とは言え快適に過ごしたいママさんもたくさんいると思います。

 

ジーンズのことだけではなくてトータルで妊娠時期のお洒落を楽しみたいなら
妊娠初期の服装の注意点は?の記事もあわせて読んでみてください。

 

関連記事(この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます)